FAX通信

FAXに関する情報が満載!

FAXを外出先で確認する方法!

FAXを外出先で確認する方法! 複合機のアプリケーションソフトを利用することで、受信したファクスを複合機内へ保存することが可能となります。
このクラウドサービスを活用することで、必要なFAXだけを抽出して印刷出来る為、用紙の削減にも繋がります。
保存する際には、宛先名や受信年月日ごとに登録を振り分けることが可能となっている為、一目で必要なFAXを選定する事が出来ます。
そしてこのクラウドサービスには、ファクスを受信した際に自動的に通知が届くような設定にすることも可能です。
この機能により外出先からでもモバイル端末などを使って、受信したFAXを確認することが出来ます。
また、FAXデータをクラウド上に保存する為、受信した用紙の紛失や取り違いなどを事前に防ぐことが可能です。
外出先からでも受信した内容が確認出来るので、取引先やクライアントなどへの対応の遅延も未然に防ぐ事が出来ます。
クラウドサービス利用することで、仕事の効率を最大限に高めることが可能となります。

FAXの基本 意外と知らないFAXのマナーとは?

FAXの基本 意外と知らないFAXのマナーとは? FAXを送信する際には必ず、送信票を添付する事がマナーとなっています。
送信票はFAX送信の際に冒頭を示す役割を持っています。
この送信票が添付されている事で、どこから資料がスタートしているのかが明確になります。
また送信票が本題となっている場合もありますので、送受信の際には必要不可欠の資料となります。
近年ではメールを使用してファイルのやり取りをするのが主流となっている為、FAXを送信した場合でも先方へ連絡しない人が増えてきています。
FAXを送信する際の注意点は、相手の手元に用紙が届いたかどうかを必ず確認することです。
先方での書類の取り違えや、送信時のエラーなどが発生した場合、重要な書類が先方に届かない場合があります。
ですが、書類を送信した後に連絡を入れることで事前にトラブルを回避出来ます。
送信後に連絡を入れることは最低限のマナーです。
また送信時には送信先の番号に細心の注意を払う必要があります。
見積書などの機密情報が記載されている書類が誤って他社へ流れてしまうと、情報漏洩となってしまいます。

Copyright © 2017 FAX通信 all rights reserved.